• 熊本で相続・遺言、車庫証明、電子定款、会社設立、障害福祉・建設業許可ならお気軽にご相談を!

会社設立・電子定款作成のご依頼について

会社設立・電子定款作成のご依頼について

ご依頼は、お電話(096-354-1321) または、☞こちらから 会社設立・電子定款作成の手順  当事務所に、会社設立・電子定款の作成をご依頼いただいた場合は、以下の手順で事務を進めてまいります。 お打ち合わせ・ヒアリ ...

続きを読む

遺言の効果⑯遺言執行者の復任権

⒈復任権とは  代理人によって選任された者を復代理人といい、復代理人を選任できる権限を復任権といいます。  任意代理の場合には、代理人は本人の許諾を得たとき、またはやむをえない事由があるときに限って復代理人を選任できると ...

続きを読む

遺言の効果⑮遺言執行者の指定

⒈遺言執行者  遺言を執行すべき者として指定又は選任された者を『遺言執行者』呼びます。遺言執行者の指定は、生前の契約などでの指定はできず、遺言によってのみ指定することができます。 誰を遺言執行者として指定するかは、未成年 ...

続きを読む

遺言の効果⑭負担付遺贈の受遺者の免責

⒈負担付遺贈の受遺者の免責とは  相続の限定承認や遺留分減殺があると、これらの効果は遺贈に優先するため、受遺者は完全な弁済を受けられない可能性が大きくなります。 しかし、負担付遺贈の場合、受遺者としては、完全な弁済が受け ...

続きを読む

遺言の効果⑬受遺者の負担付遺贈の放棄

⒈受遺者の負担付遺贈の放棄  負担付遺贈を受けた者は、遺贈の目的の価額を超えない限度においてのみ、負担した義務を履行する責任を負います(民法 1002条)。  例えば、残された子供の世話をする代わりに、300万 ...

続きを読む

障害福祉サービス事業者様へ

法務顧問契約を始めます  行政書士なかお熊本事務所では、書類の代理作成のプロである行政書士と、福祉相談業務のプロである社会福祉士の資格を活かし、事業者様の事業運営のコンプライアンスを強化することによる利用者様からの信頼性 ...

続きを読む

遺言の効果⑫第三者の権利の目的たる財産の遺贈

⒈第三者の権利の目的たる財産の遺贈とは  たとえば、不動産を遺贈する場合に、当該不動産に第三者の抵当権が設定されていたとします。受遺者は、当然には遺贈義務者に対して、第三者の抵当権を消滅させるべきことを請求することはでき ...

続きを読む

遺言の効果⑪相続財産に属しない権利の遺贈

⒈相続財産に属さない権利の遺贈  他人の権利を遺贈すると遺言書に記載しても、原則無効となります。 また、遺言書作成時点では遺言者のものであった 場合も、遺言書作成後に遺言者の意思によらず権利を失った場合は無効となります( ...

続きを読む

遺言の効果⑩遺贈の無効または失効の場合における目的財産の帰属

⒈受遺者が遺言者より先に亡くなった場合、その遺産の帰属はどこへ  遺贈の効力が生じないとき(放棄によって効力がなくなったときを含む)には、その受遺者が受けるべきであった遺産は、相続財産として相続人に帰属します。 これは、 ...

続きを読む

遺言の効果⑨遺贈の果実取得権

⒈遺贈の果実取得権とは  「果実」とは、株式の配当、預金の利子、土地建物の賃料等を指します。 受遺者は、遺贈の履行を請求することができる時以降、目的物引渡の時までに生じたこれらの果実を遺贈義務者に対して返還請求することが ...

続きを読む